RSS | ATOM | SEARCH
注視してください
IMG_0117.jpg
いつもお菓子をくださる足もみ大好きな女性から

「先生〜蛍光ペンって使います?と。

ちょうど今、ある原稿を書いていて
ボールペンでアンダーラインを引いていたんです。

その原稿を手に取り
「はい、使います。今、ボールペンでラインを引いていたんです」

ん、でもなぜ蛍光ペン?

買い物袋から注射型のピンクと黄色の蛍光ペン。

「先生、面白い蛍光ペン見つけたからあげる」

すぐにキャップをはずして試し書き

と、いきたかったのですが
足もみの直後、クリームが手に付いていて滑る滑る
キャップをはずすことができませんでした(笑)

これで原稿の訂正箇所も一目瞭然です。
先日のビスコに続き、ありがとうございました。


この注射型蛍光ペン
本当の注射やったら自分の左腕に刺してたかも?

帰宅してからメールをしていて
気を悪くしてしまう内容のメールを送ってしまいました。

前にも同じような発言をして反省したのにも拘わらずです。

「気を悪くしない発言」をしない注射があれば
左腕にうってください。
author:こいさん, category:-, 22:53
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://brog.ashimomi513.com/trackback/1463